大阪市東住吉区・阿倍野区 新築・建替え注文住宅&リフォーム 不動産仲介 ZEH BELS

大阪市東住吉区杭全5-1-14

06-6713-8234

注文住宅のご相談・お問合せ

スタッフブログ

気密測定は工務店の通知表?

こんにちは🌻

『家の力で家族を守る』

㈱古田工務店スタッフの日野です

 

大阪市東住吉区・阿倍野区を中心に、

木造注文住宅の新築やリフォーム、

増改築や不動産の仲介をさせていただいております。

 

いつもご覧いただき

ありがとうございます😊

 

今年のお盆休みはどこにも行かず

恒例の実家にも帰省せず…

ずっと家に引きこもっていました

 

暑い…ほんまに毎日暑い…

暑過ぎる日が続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか?

 

そんなあつ~いT様邸の現場から

気密測定の結果が届きました

 

気密とは、簡単に言うと家の隙間です。

その隙間をC値(シーチ)という値で数値化します。

空気が流入しない様に目張りした小窓部分に

室内を減圧(又は加圧)させる送風機を取り付けます。

気密測定は、室内を送風機で減圧(又は加圧)し、

家の内外に気圧差を発生させた時に流れる空気量と

圧力差を測定して、総隙間面積を気密測定器で計算します。

 

総隙間面積を延べ床面積で割ったものが、

相当隙間面積(C値)です。

 

相当隙間面積(C値)が小さいほど、

家の隙間が少なく気密性能が高い

ことを表しています。

 

 

っと前置きが長くなりましたが

気になるT様邸の結果は・・・

C値=0.35

 

えっすごいん?!どうなん?

基準がわからないですよね…

 

わたしもわかりませんでした

 

近年の標準基準が1.0以下

高気密の基準が0.5

 

なので・・・

すばらしいです

 

この数値を出すのには職人さんたちの

地道な作業の積み重ねで出るものです。

 

気密測定は「通信簿」とも言っているくらいで、

毎回測定の日は専務や職人さんたちも少し緊張しています。

 

断熱性能と気密性能は切っても切れない関係で、

相互に性能が伴ってないとその効果は発揮されません。

なので、家づくりの重要なポイントになります。

 

 

もっとそういう性能の話が聞きたい!

実際に見てみたい!

と思われた方は今だけ期間限定の

構造見学会でお待ちしております

(冷房・キッズスペース完備です)

8/23(日)・30(日)・9/6(日)構造見学会のお知らせ

引続き

『家の力で家族を守る』

古田工務店スタッフ一同心を込めて、

工事も安全第一・丁寧に行っていきます

 

本日も最後までご覧頂き

ありがとうございます

感謝

 

住まいのとも通信

暮らしに役立つちょっとした情報や生活に密着した出来事、オススメ商品やセミナー・イベント情報などを載せて、OBさまと地元地域の方に配布しています

アーカイブ

INFOMAITION

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com